秋葉原と昼キャバと

オタクにとっての聖地と言ってもいいような存在である秋葉原に行ったときに、昼キャバの高収入だといううたい文句の求人を見かけたので、近くに昼キャバがあるのかと思いつつ徘徊してみました。すると、先ほどの高収入の求人の通りの店があり、せっかくなので入店をしてみました。そもそも昼キャバなんてものは初めてだったので、なにがなんだか分からず、お酒を飲まなくても平気かななんて考えていました。 すると、隣に座ってくれた女性が、昼キャバではお酒を飲まないお客さんなんていっぱいいるんですよと教えてくれ、お昼に営業しているだけのことはあるんだなと思いましたね。でも、秋葉原だからオタクのお客さん多いでしょ、なんてこと聞いてみると、確かに多いけどオタクのお客さんは面白くて好きなんですと言ってくれ、内心でいい子だと思っていましたね。やはりお酒が入らないということで、おとなしめのお客さんが多いそうで、女性のほうが頑張って盛り上げてくれるのを見ていると、元気が出てきました。 こういう雰囲気の場にいると、お酒でない飲み物であってもちょっと酔っぱらった気持ちになるなと思いましたね。雰囲気にのまれるっていうのはこういうことを言うのかな、なんて考えていました。ちなみにお会計の時に気が付いたのですが、お酒を飲んでいないので、もちろん料金は安めになってるんですね。これなら今後も気軽にいくことができるなと感じ、行きつけのお店が増えたようで嬉しかったです。

SNSでもご購読できます。